2017-06-28

Kevin Morby / City Music


元WOODSのベーシストであり、キャシー・ラモーン(元Vivian Girls)とともにThe Babiesとしても活動、という説明はもういらないかな?
コンスタントに新作をリリースするKevin Morbyの早くもソロ4作目。

過去のブログ掲載

前作「Singing Saw」でWOODSのJeremy主宰のレーベルWOODSISTからDead Oceansへ移籍し、シンガーソング・ライターとしてひとつブレイクスルーした感があるKevin Morby。
「Singing Saw」製作後すぐにレコーディングに入った今作は、前作を「明」とするならば対となす「暗」(音がダーク、という訳ではないですよ!)。
米中西部カンサス・シティからわずかなお金を持って、憧れのニューヨークへと移り音楽活動を始動、その後L.A.へ転居した彼の「ニューヨークへの思い」や「都会での孤独」についてが今作のテーマ。
ボブ・ディランやレナード・コーエンを思わせる詩的なソングライティングを見せていた前作とはまた一転、アルバム製作時に読んでいたというフラナリー・オコナーの小説「烈しく攻むるものはこれを奪う(Violent Bear It Away)」やパティ・スミスの「M Train」からの影響と、そしてThe Babiesでのパンク・スピリットを歌とギターに消化しています。
ジム・キャロル「People Who Died」とザ・ラモーンズへと捧げた3コード2分間ロックンロール「1234」、The Germsの「Caught In My Eyes」のアコースティック・カヴァー、
そして、Meg Braidによる既出のフラナリー・オコナーの文の朗読と(朗読の許可が出なければアルバムのリリース自体を断念していたかもしれない、というほどの強い思い入れがあった模様)、Televisionを思わせるギターのリフレインで始まるタイトル曲「City Music」。
今回はRichard Swiftをプロデューサーに迎え、アルバムごとにソングライターとしてもギタリストとして着実に実力と魅力を増している、ノっているのがひしひしと伝わってきます。
最近のWOODSがどんどん、アフリカン・ジャズやファンクに傾倒しているのに対して、N.Y.パンクを牽引してきたアーティストのソングライティングを受け継いでいるKevinは、お互いリスペクトしつつ違う方向へと進んできていたのだなあ、と感じます。ギターもどんどん上手くなってきてる気がするし、ヨーロッパ・ツアーも好調の様子!ギタリストのソロ・アルバムが好み、という方に特にオススメです。

 Kevinの前作やバンドのギタリストMeg DuffyのソロHand Habitsなど関連作を集めたコーナーもぜひご覧ください!


2017-06-10

BACK TO BASICSについて再び書く



遂にアルバムがリリースされた。
『待ちに待った』という言葉がここまで似合うアルバム、バンドもそうそう無い。
今回も批評なんか書くつもりは全く無いです。それでもよかったら読んでください。

過去数回ブログに書き綴った。
初めてライブを観た感想やら何やら。
その時意識していたのは
自分がどれだけパンク・ロックが好きかとか
自分がどれだけ彼らのことを知っているかとか。
しかし俺は正直パンクでもなければ、よく知ってるわけでもない。

最近の俺。
もちろんパンクも好きだがそれと同じように、それ以外にもたくさんの音楽や本が好きで、
そしてパンク・ロックも心底好きで、日々ライブをしたりライブ会場に足を運んだりして、
それらを追い求めているみんなが羨ましくまた、ペースや価値観を彼らに合わせなければならないのかな?という勝手なジレンマや思い込み、そして何よりも憧れ。

数年前BTBとミスキャストが
西荻窪でライブをやったときもBTBがアンコールで
最後はこれだ!みたいな感じで(多分すごい有名な曲だと思う)カヴァーをやったんだ。
けど
俺はそれが誰のカヴァーかわからずに帰ってきた。
こういうのは余計な話かもしれないけれど。
パンクスはパンクのみを聴き、(ルードでナードな)退廃的な生活をしなければならないのかな?なんて強迫観念みたいのものそれと同時に迫害感みたいな物を、どこにいても感じてしまう。

話を戻そう。
BTBのシングルは2枚とも持っている
特に2ndの曲サウンドは本当にたまげた。

正直個人的にジャンルもクソも無いと思っている。
今作を聴いた最初の感想は最高のロックン・ロールのアルバム。
先にあげた2枚のシングルからの曲が最高のアレンジと演奏で再録され
バンドの充実度が感じられる。
すでに聴いた方は納得していただけると思う
最後の「Sweet Soul Music」のアレンジ。
自分の抱いてきたウジウジした気持ちが、一気に晴れる感じ。

最近シンタロウ氏のFacebockの書き込みではジョゼフ Kやおよそパンクロックでないバンドが登場して当たり前ではあるが、その懐の広さやセンスは一辺倒なものでは無いと感じられ
もしや、と思っていたところにこのアルバム。そしてこの曲。

結論を言うと。
ジャンルなんて関係なくパンク・ロックを心底掘り下げた奴らが鳴らすサウンドが
パンク、ということなんだと思う。そんな当たり前且つ大切な事を、気づかせてくれたのがこのアルバムだ。


(H)




 Mr Iの憂鬱② 『テロリストのパラソル』

そもそもの始まりは勘違いだった。

「藤原伊織さん亡くなられて10年くらいたちますよね?フェアとかされないのですか?」
書店の方からご意見を頂いた。

がしかし。藤原伊織が誰かもわからない自分は、なんとなく名前の「伊織」から。。。。鷺沢萠さんの様な女の人で、しかも若くして亡くなられた作家さんなのかな?
なんて事を想像しながら、講談社文庫はかたっぱしから読んでやろう運動の一環もあり
『テロリストのパラソル』を読み始めた。
しかし読み進める途中に色々調べてみたら実際は藤原伊織はペンネームで男性。
しかも結構なおっさんでなんだかがっかりしたり。
(かなりのヘビースモーカーらしく、なくなった原因は肺がんとのこと)

最近はフィクションよりノンフィクション。
文庫より新書に興味が移ってしまい、正直国内の作家で、面白い作品を書く奴なんてもういない(たかが知れてる)さ。
と。高を括っていた。
しかし今作は冒頭の5.6ページで心を鷲掴みされてしまい
それこそ後は一気読み。
登場人物はもちろんストーリーや仕掛けに至る全てが最高。

最近の国内小説に感じる残念なこと例えば、猟奇的な題材で奇を衒うこと、そしてどんでん返しが云々。装丁がアニメテイストだったりすること。

今作にそんな心配は皆無。
無骨ながらも愛おしくそれでいて筋の通った登場人物たちが躍動する様は、痛快以外の何物でも無い。
主人公のアル中のバーテン島村
ヤクザの浅井
主人公が一時期だけ同じ時間を過ごした唯一の女性優子とその娘 塔子
学生運動の同志でありリーダーの桑野

作品全体を通して僕が感じたのは『悲しみ』のトーン。
そして誰がなんのために、この仕掛けを仕掛けたのか?

伊坂幸太郎で知った鮮やかな衝撃は
ここですでに完成されていたと遅ればせながら知ることになった。

チャンドラーの『長いお別れ』が(一部では感じられないとの意見があるようだが)モチーフになっているけれどそれは、ほんの骨組みだけ。

もう今では夢のような話だけれども
今まだ前職を続けていたらきっと山積みして売ったろうし、売りたい1冊。

前職で結構俺本詳しいぜーとか言いながら、この1冊を知らなかったことの恥ずかしいこと。

しかし今この1冊に巡り会えてよかった。今の仕事につけたことを心から感謝したい。

(H)



2017-06-03

Mr.Iの憂鬱①

PCのアクシデント〜(PCの)入院以降ここにログイン出来ない状態が続いておりました。
ようやく色々落ち着いて来たみたいです。

最近改めて色々な音楽(CD,LP)を購入聴き直しみたいな事をしております。
聴き直すも何も初めて聴く音楽も多いのですが
個人的に『聴き直し』作業としております。

過去に単純に聴かず嫌いだった音源や
聴いたけれどあまりピンとこなかった音源
一時期熱心に聴いていたけれど放ったらかしてしまった音源
実は聴きたかったが、聴けずじまいだった音源

そのいずれもが
今改めて聴くと思いの外、心に響いて来ます。
なんかそんなしょうもない感想をポツポツと極個人的に。

『桑田佳祐/Keisuke Kuwata』
ファンの間では、どんな評価なんでしょうこのアルバム。
サザンも含め熱心なファンではないのですが
このアルバムにはずーっと惹かれておりました。
最近改めて安値の中古CDを購入。

サザンにしろソロにしろ、何かこう激しく羽目を外している感じは
やはりあまり共感できずにおります。
「悲しい気持ち」や「いつか何処かで」はやっぱり名曲。
そしてなんといっても中ジャケのスタジオ(?)での写真が最高。
今作では実はギターを弾いていないとのことですが
そこに写るムスタングやテレキャスター、レスポールJr.
きっと彼が好きであろうLPや写真集。
当時愛好していたタバコなど
「あぁ本当にRockが好きなんだな」と思わされるショットには
若かった自分ももちろん今でも憧れますね。
実は、この写真から想像できるシンプルなバンドサウンドを期待していたりします。
奥田民生や斉藤和義が鳴らしているサウンド
本当は彼が一番真っ先に鳴らすはずだった気がします。
出来たはずです。

なんてしょうもない事を想像しながらもっと聴きこんでみたいと思います。

(h)

2017-01-15

昨日から今日にかけてのオレ

ウチの奥さんはわりと縫い物とかする人なのでコレも奥さんの作ったものだと思ってた。
今朝、水まわりを拭こうと思いこれ使って良いか尋ねたところ
何か聞き間違えたのか
奥さんが「捨てられないの」とのこと。
「は?」とこちらが聞き返すと
亡くなられたおばあちゃんが入院中ベットの上でずっと作っていたものとの事。
改めて見回すと、家中ここかしこに緑色の糸で縫ったフキンが。
ずっと君が作ったと思っていたよ。

仕事で立ち寄った上野駅
コンコースにて
地方物産展が開催されていた。
今回は『茨城』
以前水戸に行った際。水戸と言えば『納豆』だろうと購入し、後日その美味しさに驚いた思い出があり、仕事中だったが、なかなか行く事が出来ないだけに小さいパックを購入。
土曜日の昼食に頂く。
買ってきて良かった。
とてもつぶが大きく美味しい。甘みもある。

昨日の夜は、なんとかの一つ覚えでパスタを作った。
今度はペペロンチーノ以外に挑戦したい。
一月無料とのことで動画サイトに登録『深夜食堂』を見る。
四角い卵焼き用のフライパンに憧れたもんだ。

明けて日曜日昼食には
頂き物の讃岐うどん(乾麺)を
朝から出汁をとり
麺をゆでネギをきざみ頂いた。
『深夜食堂』にはまだまだ遠い。

2016年振り返り
『その島のひとたちは、ひとの話を聞かない』(青土社)
『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』(集英社インターナショナル)←これ15年か?
『キッドのもと』(ちくま文庫)
『牛を屠る』(双葉文庫)
『ミッドナイト・ジャーナル』(講談社)
『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社+α文庫)
『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ)
『ナイツのチャキチャキ大放送』(TBSラジオ)特に10時台の小林アナのコーナー
『Mr.BATER』
『お祭り男』(を、はじめ宮川大輔ワークス)
『Rngsteen/HighLife』(STAY FREE)
『FLASHLIGHTS/SHADOWS and LIGHTS』(STAY FREE)
『YOUNG LIZARD/3 songs EP』(Too Smell RECORDS)
『Konekoh/Found Love e.p.』(24th Dec Records)
後たくさんのアーティストの訃報。とくにデビット・ボウイ。
正直そこまで熱狂的に好きだった訳ではなかったが
無くして改めてその存在の大きさに驚かされた。
以前どこかに書いたし、おれの言葉でもないけれど
『手元にあるウチにしっかり抱きしめる』事を意識したい2017年です。
(H)









2016-12-29

クリスマスプレゼント


"The Sound Of Young Tokyo" 
前身のバンドから、活動歴は数10年。
東京を拠点に活動中のネオ・アコースティック・バンド"Konekoh"の初音源!
どちらかと言うと、その活動は楽曲制作が中心で、あまりライブ活動はおこなっていない彼ら
しかし、そのサウンドは(彼らのキャラクターを知っていると言うのもあるけれど)そんな楽曲制作中心とは(良い意味で)思えない。
正直に告白すると彼らとは十数年来の知り合い。
彼らがこのタイミングで7'というフォーマットで音源をリリースした事。それだけで十分感動している。
最近のバンドには、ありそうでなかった優しく、丁寧なそして力強いサウンド。
ひとりでも多くの人に届いて欲しい1枚。
XTC、The Stone Roses、The La's、Ben Folds Five
Teenage Fanclub、Trashcan Sinatras…etc が共通のお気に入りだった
保科匡志(ボーカル、ベース、ギター)、増田仁志(ギター、キーボード)、本田一也(ドラムス)の3人が1997年頃都内外資系CDショップで邂逅。
翌年、内藤由利子(Carrots)をギターに加え、Baileys(ベイリーズ)としてバンド活動をスタート。
数度のライブの後、活動を休止するも、2006年頃、吉祥寺のパブにて尾崎正吾(バッキングボーカル、デザイン、スピリチュアル・アドバイザー)が突如Konekoh(コネコ)の結成を宣言し、その場に居合わせた増田と保科が渋々承諾。
数回のメンバーチェンジを経た後、本田が加入し今の4人組となる。
2012年頃よりオリジナル楽曲の制作を本格化。
サウンドクラウドへの音源アップ、自主制作盤の配布などで周囲をざわつかせつつ、今回が初めての流通盤リリースとなる。
A面はベイリーズ時代から幾度となく録り直されてきた「Again Again」作詩でTASOGARE40%が参加。
B面は震災後に愛をテーマに保科が書いた「Found Love」
今回のリリースを機に自主レーベル「24th Dec. Records(じゅうにがつにじゅうよっかれこーず)」を立ち上げる レーベルコピーは最初に指し示したとおり”The Sound Of Young Tokyo”
レコード・ナンバーにいたる、細部にまでこだわった最高な1枚。

*********************************
ずいぶん前に道を違えてしまった(と思い込んでいた)彼らからの
クリスマスプレゼントが届きました。
今年一番素敵な出来事でした。

(H)

2016-12-03

開店!『パン屋の本屋』さん

昼間は某出版社の営業代行を請け負って生計を立てております。
今日は、そんな音楽と同じ位好きな本やお店について。

去る12月1日日暮里に新しい本屋さんが開店いたしました。
お店の名前は『パン屋の本屋』
なんだかワクワクしてくる素敵な名前ですよね。

日暮里駅から徒歩7分「いなげや」さんの並びに
『ひぐらしガーデン』という建物が
半分くらいが『ひぐらしベーカリー』というパン屋さん
で、半分くらいが『パン屋の本屋』さん。
この『パン屋の本屋』さんの店長さんが
以前、同じ職場だった花田さん。

ボクは、実はとてもイヤな奴なので
彼女がこの本屋さんの準備をはじめていた頃から
ブログ『パン屋の本屋日記』http://panyanohonya.comを、ネチネチとチェック。
羨ましい気持ちで眺めていた。歯ぎしりしながら。

でも何となく
開店の当日お伺いしてみようかな?なんて不覚にも思ってしまった。
昼間の仕事の担当エリアだった事も、理由のひとつ。

12月1日
朝は夜中から降り出した雨が残っていたが
10時頃には上がり
午後は晴れ間も。
早めに仕事を切り上げ日暮里駅へ。
はじめ逆方向へ歩き出したのは内緒です。

事前に確認していた病院を過ぎると
交差点の左手、右側にそれらしき建物が
そこで手ぶらなのを思い出し
手前のコンビニへ
駅ナカのお花屋さんで何か?ともおもったが
お花とかは、他の方が沢山送られるだろうと
何よりオレらしくない。本当は金銭的理由から
ちょっと良い缶ビールを購入。

建物の並びのスーパーから
学校から沢山の人が
「パン食べたい!」
「本屋もあるんだ!」
「おしゃれ〜!」
ちょうど夕方だったこともあり
とても賑わう通り道。

花田さんにご挨拶。
辞めて以来だから2,3年ぶり?
例のビールを渡すと「みんながみんな池田さんの様な人じゃないんですよ!」

なんだか懐かしい彼女らしい感謝の言葉。

店内を軽く一周。

本が売れない、次々書店が閉店。うん、どれも本当。
でも自分が小・中学生のころ駅前に本屋とレコード屋は必ずと言ってよいほど
1軒づつ位は何処にでもあった。
自分が仕事で引っ越すときも
その街の利便性も、もちろん重要だけど
本屋・古本屋さらに、あわよくばレコード屋がある街に住む様に心がけてきた。

『パン屋の本屋』さんに、お伺いしたら、そんな思いがあふれてきた。

別に特別品揃えが充実してなくても良いから
普通にじーさん・ばーさんが経営している本屋でも良いから
やっぱり増えれば良いのにな。
そう思った。
そう思わせる、素敵なお店。

オイラのウォント・リスト上から2番目の本を発見。
店舗の立地にあわせて、パンや食に関する書目が多めで目に付くが
もちろん月間誌や児童書、コミックもある
地域に根ざそうという意思が棚から感じられた。
例の本はその棚前に平積みされていた。

「お。今日この本2冊目ですよ」

別に自分は何もしてないけれど
なんだか「ラッキー!」って思ってしまった。
ラッキーじゃないよな。別に。

店舗に、本に、店長さんに、なんだかすっかり浄化され
今すごいすっきりしております。
普段は断るのですが、せっかくのオープン初日なので、ブック・カバーと手提げの袋も頂き、お店を後に。

お薦めです。
パン屋の隣の本屋さん。
今なら、パンの香り+木の香りも楽しめます。

(H)