2018-04-02

春のおすすめインディ・ロック新譜3作

最近入荷してきた新譜3作がどれもとってもいい!のでまとめてみました。
(商品のジャケット写真下のタイトルとお店の商品ページがリンクしています)




英サウスエンドのバンド、Ghost Musicの1stアルバム。
90年代に、Beatgliderというバンドで活動していたメンバーにより結成。
それもあってか、1stアルバムではあるものの、予想以上のクオリティの高さに驚き!
シンプルながらもメランコリックなメロディとサイケデリックな揺らぎが気持ちいい。
初期のヨ・ラ・テンゴやギャラクシー500、アメリカーナっぽさもありますねえ。


昨年リリースされた1st「Boony Doon」が米音楽メディアで静かな話題を呼んで、
日本盤CDも発売されたデトロイトのバンド、Boony Doonの新作。
しかも大好きなWOODSのメンバーが運営するレーベル、WOODSISTから!
「A.M.」の頃のウィルコを彷彿とさせる、アーシーかつ、人懐っこいアコースティック・ロック。
派手さは全くないですが、そのルーズさが、こころを解きほぐしてくれ、ついついリラックスしてしまうはず。






2014年リリース「Love」、そしてThis Mortal Coilのカヴァーが素晴らしかったEP
「Cowboy Worship EP」で、すっかりトリコになってしまったAmen Dunes。
前作までのディープなサイケデリック・フォークなサウンドを、ぐっと超えて、
ヴァラエティに富んだ曲を組み入れた、チャレンジングな内容!
今5作目では、彼でしか作ることのできない「解放」がテーマのポップ・アルバム!
The La'sのリー・メイヴァースを思わせる、独特の歌声、そして揺らぎのメロディ。
1度聴いたら何度でも、とクセになってしまうアルバム。
このアルバムで大ブレイクしてしまうんでないかしら...。


と、いうことで、「揺らぎ」「シンプルながら」「派手さはないながらも」の3作ですが、お店のカラーが出て、3枚とも今からずっと聴き込めるアルバムだぞ!と本人たちも確信しているアルバムのご紹介となりました。

お店はこちらから → CLASSICS RECORDS

2018-03-29

俺の棚からひとつかみ ④ 『Betty Blue』OST

やばい。

頓挫するとこだった。

と言いつつも、下書きノートが見当たらない!

俺の渋谷系の一枚。

横浜のHMVにバイトで入ったとき

真っ先に着任したのがワールド/サントラ部門。

なんのこっちゃ。

正直な第一印象。

こちとら当時盛り上がりを見せていたUKインディーを扱いたくて仕方なかったのに・・

が。しかしこの時レゲエの面白さを知ったり、ジャッキー・チェンと読めそうな綴りで

ジャッキー・チュンと読むアーティストがいることを知れて

とてもためになった思い出。

渋谷系なるものの胎動期。

サントラのCDを買う方がいるなんて、思いもしなかった。

歌い手がて、語り手がいて初めて成立するのがRockと思っていた。

したら

なんの

売れる。売れる。

フリッパーズギターのサンプリングした『セソ・マット』効果も少なくはないかも知れな

いが。

というわけではないが個人的にこの1枚。

あまりにも切なく。

あまりにも悲しい。

そしてあまりにもエロティックな名作のサウンドトラック盤。



2018-03-26

Popo Night Market Vol.2参加します!


いつもFEVERでのライヴで!そして「クラフト解放市」に参加させていただいて
お世話になっている新代田POPO (FEVER併設) で開催される、
Night Marketに今回参加させていただくことになりました!

出店されるみなさんはクリエイターの方がほとんどなので、我々は異色ですが、
新代田FEVERといえば、いつもサイコーなライヴが観ることができるライヴ・ハウス。
お声をかけてくれるPopoのゆめちゃん、ありがとう!
ライヴに行こうかな!っという感じでぜひご来場ください!
今回も出店されるお店は、みんなとってもハイレベル、素敵なお店ばかりなので、
ハンドメイド好き、ロック女子のご来場をお待ちしております。

世田谷の夜桜を眺めつつ、ぜひ足をお運びください。
あと、ご近所にお住いの方、これ持ってきて!リクエストもお願いします。
送料&お値引きありますぞ!

Popo Night Market Vol.2
2018年3月31日(土) 
京王線 新代田駅1分  POPO
16時から23時 (当店は少し早めにお店を閉める予定です。ご了承くださいませ)

2018-03-14

俺の棚からひとつかみ ③ 『THE FRANK AND WALTERS/After All』

90年代後半。渋谷系ど真ん中にいた自分。

あ。違う。渋谷のど真ん中で働いていた自分。

そうH渋谷の邦楽コーナーに僕はいた。

だから少しは渋谷系を語る資格はあるのかなぁなんて・・・・

しかし。

しかしだ。

実はあそこは同じ邦楽コーナーの中で

(伝説のバイヤーOさんが始め、のちのスエミツスエミツだっけ?ミッちゃん元気?最後喧

嘩別れしちゃったね!にバトンタッチした瞬間の着任なので、Oさんとは直接の面識はない

ですが)イケイケな渋谷系コーナーと

いわゆる普通の徳永英明とか売っていた邦楽コーナーが存在していたのです。

で、ぼかー後者です。

いけてない方。いけてない方で、グズグズしてました。(当時の皆さんスミマセン。)

なんで語る資格はないかもしれませんがまあまあってことで。

で、改めて渋谷系って考えると実はあのH時代の頃、すでに末期というか過渡期というか

次の形態に変わっていた様な。

ピチカート・ファイブにフリッパーズ・ギターそしてオリジナル・ラブ

(等だいぶ、ざっくり・・)から派生したようなサウンドのバンドが、後から後から

普通のと言ったら失礼かもしれない、普通のバンドまでが『渋谷系』と括られ始めた。

そう、どちらかといえばそれから遡ること数年が最高潮の瞬間だった。

各国(特にイギリス)から届くご機嫌なサウンド。

それらを探し手にいれた瞬間の高揚感。

特にまだHに入社前に国内大手CDチェーンである新☆堂でバイトしてた。

(こんときも友達がCD買う際勝手に社販とかして怒られてました。スミマセン)

その時知り合ったM君やF君らと渋谷によくレコード買いに行っていた時期が

一番面白くかつエキサイティングだった様な気が・・・します。

(余談ですがフミさんを知ったのもその頃)


そんな時、いつものレコ屋ツアーの際、F君がうわごとの様に『FRANK  AND』『FRANK

AND』・・・『きっと次はこれが来るんだよ!』とつぶやきながらレコ屋に駆け込み

店員さんに『FRANK  AND WALTERS』ないですか?と質問。

店員さん『は?なんですか?わかりません』

そんな会話を横で眺めていた思い出。

まあそれはそれとして。

結果的にも、個人的に渋谷系といえば『FRANK  AND WALTERS』は外せません!

現在も活動中の彼ら。1stアルバムからのカットはいずれも名曲。

ジャケットのデザインも統一され好感度UP!

曲によってはエドウィン・コリンズのプロデュースもありますが

今作はイアン・ブロウディの鉄壁ともいうべきプロダクション。

ガタゴト道を走るオンボロなトラックの様な荒削りな3ピースサウンド(おまけにシャッフ

ル・ビート)は

今でも(いつでも)僕の心に響くのです。




2018-03-12

俺の棚からひとつかみ ② 『The PRIVATES/君が好きだから』

The PRIVATES1stシングル!

今でも現役。

当時「気まぐれロメオ」を聴いた時は、驚いたな。

あと「シェリー」も。

「尾崎かよ!」ってツッコミを入れたり。

熊本に住んでいた頃、ニートビーツ他と久しぶりにライブを観た時は

自分の印象とは違いガラッとソリッドになっていた。

でもやはり僕はThe PRIVATESといえばこの1枚。この1曲。

ただのガレージ、ロックン・ロールの半歩くらい先行くサウンド。

南部も良いしゴリゴリのガレージサウンドも良いとは思うけれど

やっぱりね。

このオリジナリティあふれる彼ら流のロックン・ロールが最高!

あとこのフォントの右下がりな感じもたまらない。








2018-03-10

俺の棚からひとつかみ ①『Ride/Tarantula』

確かに彼らの1st『Nowhere』は、名作且つ『シューゲイザー』なるジャンル(?)の代表的1枚に。
特に「Dreams Burn Down」のなんと美しいことか。
最近では見事に復活
来日公演も最高だった様。

部屋のCD棚を整理していたら出てきたアルバム。『Tarantula』なんと4枚目。

すでに『シューゲイザー』な面影はほぼ皆無。

オープニング。問題曲「Black Nite Crash」

ジャンピンジャックなナンバーから

時にアーシーな雰囲気(マラカスがそう思わせるのかな?)まで。

そこには、まるで70'sなストーンズ・ライクな彼らの姿が。

これはこれで悪くない。いやむしろ最高。

未聴のシューゲイザー、そしてRideのファンの方ぜひ、御一聴を。







2018-01-15

Gofish / 燐光


大雪の東京、その雪を搔きわけ搔きわけ、下北沢の富士見ケ丘教会へと
Gofishトリオのライヴを観に行ったのは、ちょうど5年前のこと。
そしてこの思い出深いタイミングで、通算5枚目のアルバム「燐光」が届きました。


3rdアルバム以来、タッグを組んでいるGofishトリオ(テライショウタ・稲田誠・黒田誠二郎)としての新作には、先行発売されて即完売した7インチ「肺」も収録されています。
井手健介氏(井手健介と母船)が「合唱コンクールの課題曲にしたい!」
とコメントした、名曲!

3人の個性と才能があまりにも大きすぎて、アルバムに入りきれずに
溢れ出てしまっていた感もあった前作までと違い、今作ではメロディと歌詞、
コーラスとアンサンブル、全てにおいてのバランスが完璧にひとつとなって完成した!
という感じがとってもします。


3つの弦楽器(アコースティック・ギター/コントラバス/チェロ)の
弦の小さなかすれ音やハウリング、息づかいまでも愛おしく録りこまれ、
その全部がアルバムの一部として味合うことができるのです。
韓国のSSWイ・ランが透き通るようなコーラスで、Amephone's Atticの塚本真一さんが

ピアノで参加。
カナダのアーティスト、ユニス・ルックによるジャケットのなめらかなラインと、

インナースリーブの美しさも、アルバムのイメージとぴったりで素晴らしい。



今までのアルバムも大好きでしたが、今作はいちばん、一緒に口ずさめて、楽しい。
はっきりと言いましょう!2018年のベスト・アルバムの1枚です!
たくさんの人に聴いてもらいたいなあ。

(CD) Gofish / 燐光 SDCD-037  CLASSICS RECORDS